HOME

What's New(新着情報)

リスクを減らすことで安くする自動車保険のテクニック

自動車保険は等級が上がればそれだけ安くなりますが、1年無事故で一等級アップ。保険を使うと3等級下がる、という仕組みになっている為、もしも1度事故を起こしてしまうと、元通りになるまで3年もかかってしまいます。

という訳なので、なるべく事故を起こさない事が、自動車保険の保険料節約の第一歩なのですが、では、それ以外に何かできる事があるでしょうか?

自動車保険の保険料はそもそもカバーするリスクが広がれば広がる程高くなります。なので、必要のないリスクのカバーは外してしまえばいい訳です。では具体的にどこを見直せばいいのか、ですが、まず”車を使うのは誰か”今一度見直してみてはどうでしょうか。

例えば夫婦、子供4人家族のうち、夫婦しか乗らない場合は、家族限定(夫婦型)という運転者の範囲を狭めた特約を付けると、それだけ保険料は安くなります。自動車保険によっては記名保険者のみなどの項目が存在する事もあるようなので、その場合、詳細は保険会社に確認した方が良いです。ただ、稀に親戚の誰かに車を貸す、仕事に使っていて色んな人が乗る、という場合は、特約を付けることは諦めるしかありません。

また、家族全員で車に使う場合でも、お子さんの成長とともに、自動車保険の年齢条件を狭めることが可能な場合があります。これも意外に気付かずに放置しているケースが多い項目です。

年齢条件は、全年齢、21歳以上、26歳以上、30歳以上と分けられていて、適宜見直す事により、保険料を節約する事ができます。

まずは手っ取り早い所という事で、上記2項目挙げさせて頂きましたが、慣れてきたら他の項目の見直しにも着手すると良いでしょう。

HOME